アダルトグッズ人気通販サイト

24時間イキ続けてしまう「持続性性喚起症候群(PSAS)」って?

24時間イキ続けてしまう「持続性性喚起症候群(PSAS)」って?

ブログ記事になりそうなエロニュースを探していたら、1日に300回オーガ
ズムを迎える女性がいるということを知りました。はじめは、どんなエロ女な
んだろうと興味津々だったのですが、じつはその原因がかなり深刻な症候群の
せいだと知りました。

彼女はイギリスで暮らす43歳、4児の母親です。1日300回オーガズムを
迎える、つまりイッてしまい四六時中セックスを求めてしまいます。そのため
疲れ果てた旦那とは別れ、シングルマザーとなってしまいましたが、自分の性
欲を満たしてくれる男性を求め続けました。そんな彼女を好きになってくれる
男性も複数いました。でもやっぱり常にセックスを要求され続ける日々に疲れ、
彼女の元を去っていきました。

しかし、ついに彼女の要求を満たしてくれる男性と出会えたようです。24時
間求める彼女に優しく応えてくれ、1日10回以上彼女を抱き、セックスをし
てくれるのだそうです。

さて、1日に300回以上もイカせてしまうというこの症候群、名前を「持続
性性喚起症候群」通称PSASというのだそうです。原因や治療方法は不明で
すが、長い間性に興味を抱かなかった女性が、急にかかってしまうということ
もあるのだそうです。オーガズムに達するのはセックスだけでなく、例えばド
ライヤーをかけている時の振動やアイスクリームを食べた刺激だけでイッてし
まうこともあるようです。

命に関わることはないようなのですが、性的な部分の症候群のため人に言いづ
らく、自殺に至ってしまった例もあるのだそう。

この女性のように、求めればすぐに抱いてくれる男性と出会えればいいですが、
1日に10回以上のセックスともなればAV男優でも逃げ出してしまうという
レベルであり、案の定PSASの女性は彼氏と長続きしないのがほとんどで、
付き合って2か月もすれば男のほうから逃げてしまうのだそうです。治療方法
が早く見つかることを願うばかりです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »