アダルトグッズ人気通販サイト

VR元年とも言われた2016年 アダルトVR動画の作られ方をご紹介
2016年のVR(バーチャルリアリティ)元年を皮切りに、お店ではスマホ用 や組み立て式から高級な物まで、様々なVR用グッズが並んでいます。 それでは、制作する側は、一体どのようにして作品を作っているのか
AERAドットでは、アダルト動画のVRを制作する現場に潜入し、その詳細 を載せた記事が公開されています。

女優も男優も大変みたいです

記事では、女優の古川いおり、桐谷まつり、飛鳥りんの3人が出演する現場に 潜入し、取材するというものです。
アダルトVR作品の定番は、女優と男優の絡みを見るのではなく、視聴者自身が 女優と絡み、まるで彼女とセックスをしているかのような感覚を楽しむための ものです。
そのため、女優は、常にカメラ目線でいなくてはならず、男優は「気持ちいい」 とか「狭い」とか、普段はいろいろ言葉を発して視聴者の興奮を助長するのに、 VR撮影の際は、一切声を出してはいけないそうです。それが難しいようで、 何度も撮影をし直すことが多いとか。

カメラは360度撮影可能なパノラマ

通常のAV撮影では、カメラマンがカメラを持って撮影しますが、VR撮影の現場 にカメラマンはおらず、代わりに、男優の顔の前に360度撮影可能なパノラマ カメラが三脚で固定されているそうです。
視聴者が左右上下どこをみても、まるでそこにいるかのような感覚、仮想現実に 引き込まなくてはならないので、パノラマカメラが必要になるわけですね。

最も大変な一発撮り

通常の撮影ではシーンごとにカットして、つなぎ合わせて作品を完成させます。 しかしVRではそれができず、最初から最後まで撮影し続ける一発撮りが必要と なります。
そのため、途中で何か起これば初めからやり直しになるのです。上の文章で、 「何度も撮影しなおすことが多い」と書きましたが、つまりは「何度も最初 から」ということなのです。
これは大変ですよね。特にもうすぐ撮影終了という時点で何か起きてしまったら…… 男優が射精してしまっているとしたら、再び立たせて女優を気持ちよくさせるのも 一苦労でしょう。
いかがでしたか?VRの撮影は大変なため、嫌がる女優や男優も多いようですが、 仕事と割り切ってやるしかないのでしょうね。 大変な肉体労働だと知りました。

元ネタの記事はこちらです↓
「現場に潜入 アダルトVRはこうして作られる」

関連記事
最先端のバーチャルリアリティでオナニーを楽しめる「Pico1」

当サイトカテゴリ一覧

gf01a201501291500安全、安心なお店とは? gf01a2015032513003gonb激安なお店 gf01a201502280400品数豊富なお店
gf01a201503300300特定グッズに特化したお店 gf01a2015031515001女の子のお部屋 gf01e201503222100おすすめグッズ
gf01a201503290500アダルトな話題 lgf01a201410060900アダルト動画 gf01a201503180500出会い 
このエントリーをはてなブックマークに追加